SERVICE & INFO.
home

2016.06.28

意外と簡単!広告カスタマイザのカウントダウン関数の設定方法

カウントダウン関数とは

皆さんはAdWordsのテキスト広告にカウントダウンを付けられるのはご存じですか?

カウントダウン関数とは、サーチ・ディスプレイ共にテキスト広告に特定の日まで残り何日かを自動で反映させることが出来る機能です。

さっそく設定方法をご紹介していきましょう。

設定方法

設定方法は実にシンプル、

広告文を作成する際に、イベントの開催日時や締め切り日時を{=COUNTDOWN(“”)}で指定します。

例えば、イベントの締め切り日が2016/7/14 21:00の場合、広告文中に

{=COUNTDOWN(“2016/7/14 21:00:00”, “ja”)}と入力するだけ!

無題4

広告開始日を設定しなければ、終了時間の5日前からカウントダウン表示が開始され

当日になると、「あと○時間!」のように残り時間が表示されます。

広告開始日を設定したければ、{=COUNTDOWN(“2016/7/14 21:00:00”, “ja”,10)}

と最後に何日前から配信するのか設定します。

この例だと、7月14日の10日前である 7月4日21:00から広告が配信されます。

関数を付けるときの注意点

私からお伝えする注意点は3つ

① {=COUNTDOWN(“2016/7/14 21:00:00”, “ja”)}の「jp」は日本語表記にする役割があります。

「jp」がないと「3day」というように英語表記になってしまいます。

 

② カウントダウン関数は数字の後に自動的に「日」を付けてくれます。

そのため広告文中に「日」を入れてしまうと、「あと3日日」の様に重なって表記されてしまうので気を付けて下さい。

無題5

③ カウントダウン関数は同じ広告グループに関数を使用していない有効な広告がないと配信できない使用になっています。

新しく作成する場合は、あらかじめ該当の広告グループに関数を使用していない広告を入稿しておきましょう。

最後に

カウントダウン関数はリアルタイムで日付が更新されるのでセール品や期間限定の商品などに使用すれば、ユーザーの購買意欲を刺激したり希少性を訴求できます。手動で広告文を編集する必要もないので、こんな便利な機能、使わない手はないですね!

知らなかった方や設定に自信がない方は、ぜひここで覚えて自身の運用に活用してみて下さい。

SERVICE & INFO.

BLOG CATEGORY

成果が出ることは、楽しい

私たちは運用型広告を中心に集客支援・売上アップなど成果を重視したコンサルティングを行っております。

Copyright © 2010 - 16  Flex Co.,Ltd. All Rights Reserved.