SERVICE & INFO.
home

2016.07.26

【続報】Yahoo!ショッピング事件~3位じゃダメなんですか?~

蓮舫さんみたいなタイトルですが、東京はもうまもなく都知事選ですね!
みなさま、もう投票候補者は決まっていますでしょうか?
私も都内に住む者の一人として、責任を持って投票に行く予定です。
レッツ、投票!

さて、前回Yahoo検索結果にてリスティング広告より上にyahooショッピングが表示されるという事件が起きましたが
それ以来なんとヤフーからCVが上がっておりません!

やってくれましたね、Yahooさん…

CVの大半をYahoo検索より得ていたHanagexとしては、非常に由々しき事態です。
この状況を打破すべく、改善できるところがないか
アカウント状況を詳細にチェックしてみました。

すると、Yahooショッピング枠出現による影響として面白い仮説が浮かび上がってきたので
調べた経緯とともにご報告していきたいと思います!

クリック率低下の要因は?!

まず、前回のおさらいですが
やはりYahoo!ショッピングが検索結果に現れたとされる13日あたりから
クリック率が低下し、サイトへの1日の誘導(クリック)数が1ケタ台まで減少しています!

▼鼻毛カッターキャンペーン日別成果

160726_yahoo検索鼻毛カッターキャンペーン掲載結果3

13日以前は1日平均20近くあったクリックが、Yahooショッピングが現れた以降は
1ケタ台まで落ち込んでいます。
キャンペーン内のキーワードの追加、および入札単価変更や予算変更はしておらず
インプレッション総数にも大きな変化はないため
やはり純粋にYahoo!ショッピング枠が出現した影響によりクリック率が下がったのではと思われます!

ここで、クリック率低下の要因をさらに深掘りするため
平均掲載順位の推移にも着目してみます。
すると、月初に1位台をキープしていた頃と比較して
7日以降は3位近くまで落ち込んできていることが分かります。

160726_yahoo検索鼻毛カッターキャンペーン掲載結果4

これもYahooショッピングの影響かな?と最初は思ったのですが、
よく考えたらYahooショッピングが掲載順位に影響を及ぼすことはありませんので
単に競合(アマ○ンさん・フィリッ○スさん)が入札を上げてきたことになります。
アマ○ンさん、鼻毛カッターみたいなニッチな商材の順位まで細かく見ているのでしょうか…、、

そしてひとつ、面白いことが分かりました。
掲載順位が下がったのは上述の通り7月7日あたりなのですが
クリック率が下がり始めたのは13日(Yahoo!ショッピング枠出現)以降です。
つまりYahooショッピング枠出現前、7日から13日までの間は
掲載順位が下がったにも関わらずクリック率に大きな変化はありませんでした。
1位台でも3位でもほぼ同じクリック率だったのです。ちょっと意外な結果です。

160726_yahoo検索鼻毛カッターキャンペーン掲載結果5

そしてさらに面白いのはここからです。
13日のYahooショッピング枠の出現後、直近のCV数の低下をみて
21日に鼻毛関連キーワードの入札単価をアップしたのですが、
その結果、掲載順位が3位近くから2位台前半(2.5位)に上がって
且つクリック率も上がるという現象が起きています。

160726_yahoo検索鼻毛カッターキャンペーン掲載結果6

入札を上げたことで掲載順位が上がるのは分かるのですが、
先ほどまでの検証結果によると
順位によるクリック率の変動はなかったはずです。

しかし、実際にクリック率は上がっています。元の水準に戻りつつあります。
(今の段階では信用に値するだけのデータ量ではないというご指摘もあるかと思います。
 今後もデータを蓄積して、また分かったことがありましたらご報告させていただきます。)

つまりこういうことではないでしょうか?

Yahooショッピング枠出現前までは
掲載順位が1位台でも3位でもクリック率には大きな影響は及ぼさなかったけど、
Yahooショッピング枠出現後は
3位と2位でクリック率に差がでるようになった!

そう、もう3位のままじゃダメなんです!クリックされないんです!

そして、この仮説が正しければ更に言えることがあります。
それは、(あくまでこの商材に限ってのことですが)
リスティング掲載枠1位~2位の広告は、
Yahooショッピング枠が出現したことによるクリック率の影響をほとんど受けないということです。

これがホントだったら…Yahooさん、なんか、今まで色々と言ってごめんなさい!

まとめ

おそらくですが、Yahooショッピング枠の出現によって選択肢の数が増えたことにより
リスティング広告枠の3位まで見る人がいなくなっているのではないでしょうか。

検索結果は比較サイトのようなものとよく言われますが、
何か商品を購入する際に検索結果の上位3サイトあたりから選ぶとしたら
Yahooショッピングが表示されたことでリスティング2位あたりまでしか
比較対象に入らなくなってしまったのではないか、と
そんな想像をしています。
この想像が合っていようといまいと、
実際に2位台前半に順位が上がったことでクリック率が上がっているので
結果的には問題ありません。

CPCが上がってしまっていますが、今までのCVRから計算しても
CPC73円あたりまでは許容範囲のため
そこにいくまでは現状維持で様子を見てみたいと思います。

以上、Yahooショッピング枠が出たことによる検索結果への影響と
そこから浮かび上がってきた仮説をお伝えしました!

ひとまずクリック率は以前の水準に戻りつつあるので、
今週はCVが出てくることを期待したいと思います!

それではまた~\(^o^)/

SERVICE & INFO.

BLOG CATEGORY

成果が出ることは、楽しい

私たちは運用型広告を中心に集客支援・売上アップなど成果を重視したコンサルティングを行っております。

Copyright © 2010 - 16  Flex Co.,Ltd. All Rights Reserved.